スポンサーサイト

2013.09.11 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ギターの処方箋-種-はギターレッスン 初心者にもできる?

    2013.09.11 Wednesday

    0

      アーティストに憧れてギターを始めてみたのは良いものの、初心者用の教本ですらうまく活用できず、途方に暮れていたとしても、
      あれだけぎこちなかった指がパパパパっ!と動かせるようになり、運指が難しくて速い曲もリズムピッタリで弾けるようになる方法がこちら





      あなたも、↓のような悩みがあるんじゃないでしょうか??


      どうやっても指示通りに弾けない

      ギター教室に通い、みっちり練習しても上達していかない

      ギターの練習を続けているがうまくなる気がしない

      ギターの練習をするのが嫌になっている



      プロとしてファンの心をわしづかみにできるような才能を持っているのなら、

      わずかな練習でも、指が滑らかに動くようになり、難しいコードもすらすらと弾けるようになってしまうものですが、

      それだけのセンスの持ち主なんて、1万人に1人いるかどうかでしょう。


      私たちのように、一般的な能力しかない人間は、一人で練習を繰り返しても、努力とは裏腹になかなか上達することができないし、

      さらに、本当は良くない指の動かし方を覚えてしまったりして、それが上達をさらに遅らせることになります。


      逆に言えば、ギターをうまく弾く技術っていうのは、正しい練習をすることで、あれだけガチガチだった指が、

      テキパキと動くようになり、弾きたいと思っていた曲を最後までスムーズに弾けるようになってしまうものです。




      高村ショウヘイさんのギターの処方箋-種-は、現在のレベルやギター経験の長さに関係なく、

      合計15時間の練習で見違えるようにギターをうまく弾けるようになるレッスン方法がまとめられている教本で、

      楽譜を読めない人でも、課題を一つずつクリアーしながら上達していくことができます。


      高村ショウヘイさんとはちなみに、湘南藤沢でギター教室を開いている人で、これまでに数えきれない人たちへレッスンを行ってきた経験があります。


      ギター初心者救済ブログ「ギターの処方箋」をという人気ブログを運営し、このブログを通じて2000人を超える人たちへアドバイスを送り続けているほか、

      過去には、楽器の実演セミナー講師として、ギターの実演販売を行う人を指導する仕事を7年間も行っていたこともあります。


      高村ショウヘイが教えてきた人たちは、様々なレベルの人たちがいたのが事実で、「どんな風に教えるとてっとり早く感覚をつかんでもらえるのか?」というのを、

      長年の経験から徹底的に知り尽くしていますので、ギターの処方箋-種-では、そうした経験をもとに、再現しやすいテクニックやわかりやすい説明で構成されています。



      1日30分の練習を1か月続けるだけで明らかなレベルアップができる高村ショウヘイさんのギターの処方箋-種-のポイントはこちらでも詳しく紹介しています。



      JUGEMテーマ:ギター教室


      スポンサーサイト

      2013.09.11 Wednesday

      0
        関連する記事